フジコンは創業50年の端子盤専業メーカーです。

Fujicon
  • ニュース
  • FAQ
  • アクセス
  • English
  • お問い合わせ

フジコン株式会社

ブログ

初祭りに参加しました。

こんにちは、広報委員会の浅葱です。

西桂町の一年、まず元旦大正月を向かえ、1月14・15日を中心に小正月サイノカミ祭りが行われます。

昭和20年代くらいまでは青年団(知らない人も多いよなあ)の活動が盛んだったので若者の役割だったらしい。現在は氏子総代や隣保組の役員さん達で御神木が立てられます。

木の一番上には葉のついた竹、その下にオトク( 赤い布でできた人形)やヒイチ(綿やもみがらを入れ三角に縫ったもの)が飾られます。吹き流しのような紙テープや折り紙の様な紙垂も美しい。

20日に片づけられた後、オトクは子どもの欲しい夫婦へ、ヒイチは組の家に1枚ずつ配られます。ヒイチは魔除けになると言い、家の出入り口に1年吊るしておきます。

DSC_0517 DSC_0514

 

DSC_0578 DSC_0509

初祭りは下暮地地区では午後2時、集落の道祖神の周辺でサイノカミ祭りが行われます。

ここに参加させてもらいました。地区の神主さんが、祝詞を上げて無病息災を祈ります。私は、師匠(西桂出身のわたしの旦那さん)と一緒に参加しました。

神主さんにお祓いしてもらえて、今年1年大丈夫そうです。

DSC_0512

家にもどり『ちょっくら行ってくらあ』と、師匠が山に行ってヤマボウシの枝を取ってきてくれたので、ダンゴバラを飾りました。実は、団子の花が咲いているように見えたので、ダンゴバナだと私はずっと思っていたんです。蚕が良くできるように願って飾ります。

DSC_0563 DSC_0570

師匠曰く団子が寂しいと言うので『じゃあ来年は倍つくるね』と目標が出来ました。

 

Entry by 浅葱

  • 一覧に戻る